浅煎りにも深煎りにも「好き」がある、と思った話。|栄「カフェ セレージャ」のコーヒーに惹かれて

こんにちは。最近暑くなってきましたね…

みなさんはいかがお過ごしですか?

僕は、転職をして新たな仕事がスタートして10日ほどが経ちました。
まだまだこれからといったところですが、働く環境が改善されて、穏やかな休日を過ごせています。

先日、栄のとあるコーヒー屋さんで浅煎りめのフルーティな豆を買ってきたのですが、それがとっても美味しくて、しばらく(ここ2年くらい?)深煎り派だった僕が、再び浅煎りめのコーヒーに目覚めそうなのです…!笑

これは書き留めておきたい!と思い、この記事を書きはじめました。

ということで今回は、名古屋・栄にある「カフェ セレージャ」で購入したフルーティなコーヒー豆と、久々に純粋に美味しいと思えたフルーティなコーヒーに出会って「コーヒーの味の嗜好」について考えたあれこれについて書いてみたいと思います!

最近の焙煎度合いの嗜好

「サードウェーブ」を象徴するフルーティなコーヒー。最初はその果実感に驚き、すっかり虜になり、色んなサードウェーブ系カフェに行っては、その都度色んな産地の浅煎りめのコーヒーを飲んでいました。

ただ最近は、「深煎り」のしっかりとした味わいのコーヒーを好むようになりました。
やっぱり、「まいにち飲みたいコーヒー」は、酸味が際立ったコーヒーよりも、落ち着いたコーヒーだなぁ、なんて思うようになり、最近ではしばらく浅煎りから遠ざかっていました。

そんな中、栄のとあるお店で買ってきた、浅煎りめのフルーティなコーヒーを飲んだら、久しぶりに「お!これは美味しい!」と感じることになったのです。

栄「カフェ セレージャ」にて

そんなコーヒー豆に出会えたのは、栄にある「カフェ セレージャ」です。
カウンター席がいくつかあるものの、メインはコーヒー豆屋さんといった感じです。
コーヒー豆は10〜15種類ほど並んでました。

おそらくオーナーさんと思われる方が接客してくれて、自分の好みを伝えながら、何種類か試飲もさせていただきました。

その場で焙煎してもらえる!

コーヒー豆を選ぶと、店内に置いてある大きな焙煎機で、注文してからその場で焙煎をしてもらえました。

その際に、焙煎度も選ぶことができるので、自分好みの焙煎度合いでコーヒーがいただけます。

もちろん、焙煎されたコーヒーも販売されてはいるのですが、その場で焙煎してもらったコーヒー豆をいただけるというのは嬉しいです!

久々にフルーティな豆の美味しさに驚く

結局、2種類の豆を購入し、そのうちの1つ「グアテマラ オリエンテ ナチュラル」中煎りを家に持ち帰って飲んでみると、一口目で、

「美味い!フルーティ!」

久しぶりにフルーティなコーヒーの美味しさに驚きました

たいてい僕って、好きになるコーヒーは、一口目で「美味い!」ってなるコーヒーなんです!(誰でもそうかもしれないけど。笑)

最近の僕が深煎り派になっていたのは、浅煎りの特徴である「酸」にあまり魅力を感じられなくなっていたからだと思います。

でも実際には、浅煎りの中でも、ウォッシュドとナチュラルという生産処理の違いがあったり、産地ごとにフレーバーが違ったり、焙煎度合いも細かく違ったり…

好みって「深煎りor浅煎り」ではない

冒頭に話したように、自分の中で「浅煎りブーム」の時は浅煎りばかり、「深煎りブーム」の時は深煎りばかり飲んでいたわけだけど、

「深煎りか浅煎りか」、という分け方って違うなと思ってきました。

深煎りは深煎りで好き嫌いがあるし、浅煎りでもそれがある。

それに、コーヒーは気分によって飲む豆の種類を変えることができるから、その時の自分に合ったコーヒーを飲めばいい。

今回、そんなことを思わされると同時に、深煎り浅煎りにかかわらず、色んなコーヒーを飲んでいきたい!という意欲も掻き立てられることとなりました。

選択肢が広がり、ペアリングも楽しめる

この写真は、「きた川」の「いちご羽二重」といういちご大福とペアリングした時のものです。

「深煎りのコーヒー + あんこの使われている和菓子」

の組み合わせが好きなんだけど、

こんな感じでフルーツが使われていたら、浅煎りめのコーヒーを合わせると、フルーツの酸味と調和して美味しい!

実際、ナチュラル系のフルーティな酸味とイチゴの甘酸っぱい酸味が、とてもよく合いました

(※「きた川」のいちご羽二重、めっちゃ美味しかったです…!)

そんな風に、コーヒーってペアリングする食べ物によっても、変えていくことができると思うので、色んな選択肢を持つことによって、楽しみ方も広がっていくなぁと感じています。

まとめ

なんか、結局のところ、「深煎りか浅煎りか」という好みの分け方って、僕にとっては違うんじゃないかなぁと思ってきました。

浅煎りが好き!から、深煎りが好き!になっていたわけですが、今どんな感じかといえば、

・深煎りにも好き嫌いがあるし、浅煎りにも好き嫌いがある!

・その時々の気分で色んな味を飲むことができるコーヒーって改めてすごい!

・焙煎度合い関係なく、色んな豆を試していきたい!

といった感じです。

「今日はとても暑いから浅煎りフルーティなアイスコーヒーだなぁ」とか、「今夜はゆっくりした時間を過ごしたいから、深煎りの滋味深いコーヒーを飲もう」とか、その時その時に合ったコーヒーを楽しんでいければなぁと思います。

焙煎度にこだわらず、美味しいコーヒーを求めていきたいと思います!

それでは。

created by Rinker
¥1,760 (2021/07/30 17:59:00時点 Amazon調べ-詳細)
by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です